2011年4月29日(祝)12時に開業したビアバー、BEER REPUBLICの店主を務める『だい』です。
『びありぱ』営業の日々どたばた劇を、とりとめも無く書いていくどこがダイナミックか分からないブログ。
 
<< 17時半からとさせて戴きます | main | だんごじゃないよ >>
ビールも料理も格闘技もやっぱりセンスですね
0
    ◎全面禁煙です。

    ◎現在日曜日が定休です。


    こんばんは
    遅くなってすみません。・・・なんか最近謝ってばっかですね。よくないよくない。体調はおかげさまで大分良くなってきまして、週末に向けてまた頑張れそうです。


    いままで暖かかったのに急にまた冷えてきましたね。また暖房いれないと厳しそうな感じです。パワーレースシューズも今冬発売ということで、楽しみに待ちながら寒さに負けずスお互していきたいものです(?


    んでビールなのですが、
    昨日無くなったビールは、
    箕面ビール おさるIPA【限定醸造】
    伊勢角屋麦酒 O−24ペールエール【限定醸造】
    伊勢角屋麦酒 はなきんさくら【限定醸造】
    です。
    ありがとー、美味しかったです〜


    花見の季節にはちょっと早いですが、はなきんさくらは時季的なせいかあっちゅーまでしたね。


    今日開栓したビールは、
    伊勢角屋麦酒 Summit Ale【限定醸造】
    伊勢角屋麦酒 T−IPA【限定醸造】
    です。


    サミットエールは、その名の通り伊勢志摩G7サミットに因んで醸造されたビールでして。モルトを7種類使用しています。色合いはカッパー気味に割とついていますね。香りはフルーティーでトロピカルなニュアンス。

    ボディは見た目とは裏腹に軽いです。するっと通ります。苦みもそこまで強くはないですね。モルトの風味にシトラスのようなホップフレーバーが乗っかり、喉を通っていきます。ホップフレーバの後味が割と独特でして、柑橘さに加えて結構スパイシー気味に余韻を残します。この辺りが好みが若干分かれるかなー?といった感じです。不思議後味。度数は4.5%!



    んでT−IPAです。新人さんが醸造されたと聞きました。しかしこれは美味しいですね特に変わったIPAを目指しているわけではなく、スタンダードな味わいなのですが、香り、ボディ、苦み、とバランスがとっても良くて、しっかりしているのにドリンカビリティが高い、とゆー店主が好きな要素がばっちりです。

    香りはフルーティーな柑橘系ですが、割合複雑です。欲を言えばもうちょびっと華やかさが際立っていると最高ですな。ボディが美味しいです。ホップフフレーバーがしっかり上手に乗っていて、フィニッシュの余韻もバランスとれた苦みと相まって心地良いですね

    ガツン系IPAがお好きな方は、苦みが柔らかくフレーバーも上品なので若干物足りなさを感じるかもしれませんが、店主は結構好みなIPAで御座います。飲み口がいいのでごくごくいくと結構酔いそう・・・な度数味わいなのですが6.0%!


    では皆様お待ちしております〜





    3/24のビール

    1.伊勢角屋麦酒(三重県)ペールエール(5.0%)
    2.スワンレイクビール(新潟県)#B−IPA(7.0%)
    3.伊勢角屋麦酒(三重県)Summit Ale(4.5%)
    4.アウトサイダーブルーイング(山梨県)ブラウンエール(5.5%)
    5.箕面ビール(大阪府)インペリアルスタウト(8.5%)
    6.湘南ビール(神奈川県)27コーヒーエール(5.0%)
    7.南信州ビール(長野県)IPA(6.0%)
    8.COEDO(埼玉県)毬花#4(4.5%)
    9.COEDO(埼玉県)伽羅#4(5.5%)
    10.箕面ビール(大阪府)お休み
    11.南信州ビール(長野県)アップルホップ#2(6.5%)【紅玉Ver.】
    12.伊勢角屋麦酒(三重県)T−IPA(6.0%)
    13.銀河高原ビール(岩手県)ヴァイツェン#3(5.0%)
    14.あくらビール(秋田県)川反ラガー(5.0%)

    (リアルエール)
    15.箕面ビール(大阪府)WIPA(9.0%)


    【2016.03.24 Thursday 17:48】 author : だい
    | びありぱ営業記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.beer-republic.jp/trackback/1910
    トラックバック