2011年4月29日(祝)12時に開業したビアバー、BEER REPUBLICの店主を務める『だい』です。
『びありぱ』営業の日々どたばた劇を、とりとめも無く書いていくどこがダイナミックか分からないブログ。
 
<< へとへと | main | 飲食店の心構え >>
ビールとデザート
0
    ふぃー、よーやく仕事が終わって部屋に帰れました

    年明け初のバー勤務でしたが、ミスなく終えれてホッとしていますでも今日はあんまりカクテルでなかったなー。モルトを注文される方が多くて、ウィスキー祭りな感じ(w
    そうそう、お正月に飲めなかった賀正エールがバーに入ってて、頂く事ができましたのさっ
    やっぱり1月に一番合うビールって感じですね


    今日は色々と雑用していたら勤務時間になってしまい、あんまり『びありぱ』の事ができなかったのです。うー、残念
    唯一出来たのは、デザートレシピのプレ創作(←何故か世間さまは「スイーツ」と呼ぶのだが、自分はこの呼び名大ッ嫌いなのです。・・・なーんか釈然としない気分になるんだよなー)


    まだメイン料理のレシピが仕上がっていないのになんでデザートなん?!って感じですね。
    ・・・まあ自分がお酒と同じぐらい甘いものも好きっていうのが大きいのかも。ちょうど食後に考えていたし、意識がそっちにしかいかないのは当然なのだ、うんうんw


    一般的にはビールと甘いものってのは一緒に摂るもんじゃないって意見が多いのかもしれませんね。それでも最近流行りのマリアージュ的には(※1飲み物と食べ物の相性の意)、スタウトとフォンダンショコラとか、IPAにフルーツタルトとか、ヴァイツェンにバナナシフォンとか、この辺りは結構合いそうな、一般受けもするんじゃないかなあー、とか思う訳です(よ、よだれがッ
    (※2スタウト:ギネスに代表される黒ビール、IPA:ホップの苦みが強いけどフルーティーな香りのビール、ヴァイツエン:バナナっぽい香りがする小麦麦芽をふんだんに使ったビール)

    モルトの性格に合わせてチョコレートの種類を選ぶのは結構知られていますが、ビールもスタイル毎にデザートを選べたらもっとも〜っと楽しいんじゃないかな、なんて

    もちろん現在でも、私がセンセと拝む店主がいるビアカフェでは美味しいケーキがでていたりと、ビール業界でもだんだん浸透はしてきていると思います。
    ゆくゆくは一般家庭でも、「ビール+脂っこい・スパイシーな物」から、「ビール+甘い物」まで幅広くマリアージュを楽しめるようになればなー、と願うばかりです


    んで、自分はシェフでもパティシエでもショコラティエでもないので、そんなにレシピレパートリーがある訳じゃないのですが、このビールにはレアチーズケーキ、あのビールにはガトーショコラだよなあ〜、なんて妄想(?)しながらレシピを練るのは意外に楽しいのデス 笑
    『びありぱ』は「和」を基調としていくので、もっちろん和菓子も考えています♪
    まあお店のキャパ上、用意できる種類は限られるのですが、できる限りレパートリーは増やしていこうかな、と思っています

    ああ、、早く作りたい(というか飲みたいw


    今夜は賀正エールとギネスビールを勤務後お店で頂いて、部屋で久々モルトを飲んでいます。
    (丸氷を作る余力が無くキューブアイスなのはご愛敬)
    余市蒸留所も寄ってみたいところなんですよねー。
























    さ、寝よ寝よ

    【2011.01.05 Wednesday 03:30】 author : だい
    | オープンまでの軌跡 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.beer-republic.jp/trackback/4
    トラックバック